「和食は目で食べる」というように、日本人は食品の見た目にこだわります。

たとえどんなに腕を振るった料理でも、
写真の印象次第で食欲は大きく左右されてしまいます。

アトムの写真は、食材の持ち味を生かすように撮影を行います。あなたの作るおいしさを、お客様にまず目で味わっていただけます。

食材写真の撮影ポイント

「ツヤ」が大事

料理の写真を撮る時に大事なことは、
その料理の美味しさを視覚からストレートに伝えることです。

そのために、料理のツヤ感を出すことが大事だと考えています。
鮮度が命の魚介類はもちろん、お肉や野菜にもツヤ感を出すために、
アトムではライティング(照明)にこだわり、お料理の魅力を最大限に引き出します。

つやがあるお刺身の写真

ツヤがあると新鮮さが引き立ちます。

撮影事例

関連記事

 
アトム撮影メニュー
写真
動画
音楽編集


 
Top